TOPページ>>観光モデルコース>>ハイキングコース>>丹波七福神めぐりハイキング

観光モデルコース

丹波七福神めぐりハイキング

丹波七福神めぐりハイキング

目安 11km 所要時間 3時間
コース

1.JR亀岡駅北口 → 2.保津町内信号 → 3.神応寺 → 4.養仙寺 → 5.愛宕神社 → 6.七谷川 → 7.蔵宝寺 → 8.金光寺 → 9.耕雲寺 → 10.出雲大神宮 → 11.極楽寺 → 12.東光寺 → 13.平の沢池 → 14.馬路郵便局 → 15.JR千代川駅

コース解説

JP亀岡駅北口を出て保津橋を渡る。その先の信号機がある交差点を右折し、保津小、保津郵便局と道なりに進む。毘沙門バス停を過ぎて右側に「神応寺」への看板が見える。「養仙寺」へは案内看板に沿ってすぐ。

養仙寺横の山の方へ上がる坂をのぼりきると「和らぎの道」に出る。目の前が「愛宕神社」。コースは左方向へ。

和らぎの道を進み、T字路を右に、駐車場の先を左に入ると再び和らぎの道に。七谷川沿いに進む。休憩所、トイレが多数あるので昼食場所に好適。

木製の橋を渡り対岸へ渡ると、害獣除けのネットに「七福神めぐり」の目印が書いてあるので開けて通る(元に戻すことを忘れずに)。

あぜ道を歩くと「蔵宝寺」に到着。寺の前の下り道を行くと元の府道へ戻るので右折し進む。

中村バス停から100mほど先に「金光寺」へ上がる道標あるので、坂を登る。「金光寺」から「耕雲寺」は山道を進む。(害獣除けの電気柵が設置されている場合は、必ず元の状態に戻すようにしましょう。)

「耕雲寺」からは真下に降りずに、舗装路に沿って進む。下の府道まで降りると目の前が「出雲大神宮」。拝殿左手の道から府道に出てすぐの「黒大夫社」の横を通り、再び集落の中へ進むと「極楽寺」が目の前に。極楽寺の前の道を進むと府道に戻るので右折でしばらく歩く。小口バス停のすぐ手前に右へ入る道があり、そこを上がると最後の札所「東光寺」に到着します。

帰路は府道をそのまま進み、「平の沢池」を越え、「池尻」交差点を左折、1kmほど先のT字路を右へ曲がり更に1km。踏切を渡りすぐ左の道を直進でJR千代川駅に到着。

みどころ

丹波七福神めぐり
日本で一番早くめぐれるともいわれる七福神めぐり。第一番神応寺から第七番東光寺までが約5kmとちょうどよい距離でウォーキングコースとしても人気で、行き帰りのどちらかをバスにすれば約9kmのコースにもなります。御朱印を特製の色紙に集印できるほか、手軽にスタンプラリーも楽しめます。

©2017 亀岡市観光協会  ALL RIGHTS RESERVED.