明智越ハイキング※平成30年7月豪雨により一部ルートが崩落しており現在ご案内しておりません。コース詳細を確認してください

START

JR亀岡駅北口

JR亀岡駅北口を出て保津橋を渡る。

保津町内信号

その先の信号機がある交差点を右折すると、右手に山の方へ向かう坂道があるので登る。

のぼり口

養源寺、文覚寺を通り過ぎた次のY字路を右へ向かう(案内看板あり、左に行くと水尾へ行ってしまう)。
その先のT字路を右へ行き、酒屋さんの倉庫の裏に明智越ののぼり口が見える。

峯の堂

五十六代清和天皇を祀ると伝わるこの塚を峯の堂と呼んでいます。
愛宕神社へ向かうルート上にあるため、光秀公がたどった末路、その心中に共鳴した人々によって「むねんどう」と呼ばれるようになったと伝えられています。

土用の霊泉

土用の霊泉を過ぎ、高圧線が見えたらY字路に注意。右へ下りる山腹道に入る。

水尾旧道

たどり着いた山の肩で左の水尾の方へ進む。

@水尾ゆずの里
水尾旧道を左にとると水尾の集落へ出ます。
56代清和天皇がこよなく愛した地で、天皇陵もまつられています。
ゆずの栽培が盛んで、この季節になるとゆず風呂と鳥すきや鳥の水炊きを民家で楽しむことができます(要予約)。
JR保津峡駅への送迎も可能なお店もありますので、ハイキングの際も安心して利用できます。

JR保津峡駅

水尾の旧道に出たら左が水尾の集落、右がJR保津峡駅方面。

※明智越のルート状況について

平成30年7月豪雨等の影響によって、土用の霊泉付近など複数個所で山道の崩落や倒木などが発生しています。
当該箇所を避けて通れば通行すること自体は可能ですが、この状況を踏まえ、現在ご案内は控えさせていただいております。
ご自身の判断により明智越ハイキングにお出かけの際は、事前に天候などをご確認のうえ、現地の状況が思わしくない場合は決して無理をなさらないようご留意ください。

GOAL

ルートマップ