開催時期
16日

例祭・神幸祭(大井神社、大井町並河)

大井神社で一番大切とされる祭典。「浦安の舞」や「大井太鼓」も奉納される。本殿祭の後、御神輿に分神霊が遷され、氏子地内へと巡幸する。馬場では宮司・稚児・武者姿の「具足」・陣羽織姿の「飛馬」が乗馬にて行例を行う。馬12頭が連なる勇壮な行列は、丹波亀岡の秋の風物詩となっている。貞観8年(866年)から続く「競馬」は、競争こそなくなったものの、古式に則り行列神事のみ行われている。