開催時期
中旬(休日)

春の宮の当(八幡宮、菅原神社、出雲神社、屋麿内神社、加舎神社、寛峰神社、本梅町地内)

大榊2本、小榊20本を準備し正午当員集合、祭典を行う。 太鼓に合わせて「オー」と声をあげる。小榊を3回振って神霊に五殻豊穣を祈願し、当番が大榊2本をかついで神田の畝に刺して祈願する。その後当番の家にて直会が行われる。