TOPページ>>名所・旧跡紹介>>丹波国分寺跡

名所・旧跡紹介

丹波国分寺跡

紹介

丹波国分寺は、昭和57年度から61年度にわたり発掘調査が実施され、伽藍の規模及び主要な建物の配置等が確認されました。塔跡には、17個の礎石が現在も残っており、講堂跡は現本堂と重複しています。現在に残る本堂・山門・鐘楼は、安永3年(1774)から9年の間に再建されました。現在は国の史跡に指定されており、亀岡市の名木、オハツキイチョウとラッパイチョウがそびえています。
名称 丹波国分寺跡
住所 亀岡市千歳町国分桜久保25
電話番号 0771-25-5068(社会教育課)
バス停 「国分」から約5分
最寄I.C. 亀岡ICから約25分
プリント

アクセスマップ

©2017 亀岡市観光協会  ALL RIGHTS RESERVED.