開催時期
18日

【参観中止】鎮花祭(出雲大神宮、千歳町出雲)

和銅年間に始まった雨乞いの神事が起源とされ、京都府の無形民俗文化財に登録されている「出雲風流花踊」が奉納される。四季の花などで飾った花笠に狩衣、水干、白足袋姿の踊り手が小太鼓を房ばちでたたきながら、うたや笛に合わせて踊る優雅なものでいろいろな題の踊りがあるが、現在では、「正月踊り」豊作を祝う「一の宮踊り」縁結びの「恋の踊り」などが演じられている。