TOPページ>>明智光秀 ~1人でも多くの人に知ってもらいたい~>>光秀の丹波攻略と平定の拠点「亀山城」

明智光秀 ~1人でも多くの人に知ってもらいたい~

光秀の丹波攻略と平定の拠点「亀山城」

城DATA

明智光秀は、天正5年(1577)頃、丹波攻略の拠点とするために丹波亀山城を築城しました。保津川と沼地を北に望む小高い丘(荒塚山)に築かれましたが、正確な史料が残っていないため全容は分かっていません。光秀は近隣の村から人を呼び寄せ、城下町を形成しました。天正8年(1580)に丹波国を拝領した光秀は、本格的な城下町の整備と領国経営に着手しますが、そのわずか2年後に「本能寺の変」が起こります。
亀山城はその後、羽柴秀俊(小早川秀秋)によって修築され、慶長15年(1610)岡部長盛の代に天下普請により近世城郭としての亀山城が完成します。この築城にあたっては城づくりの名手・藤堂高虎が縄張りを務め、五重の層塔型天守が造営されました。現存する古写真は、明治初期に撮影されたものです。

亀山城を歩く

亀山城は、明治維新以降廃城処分となり、所有者が転々とします。紆余曲折の末、荒れ果てた城跡を宗教法人大本が入手し現在に至ります。石垣は大本によって修復されており、総合受付で見学を申し込むと内堀跡や本丸付近の石垣を見学することが可能です。

大本本部の正面入口
大本本部の正面入口。
境内の内堀跡
境内の内堀跡。
現在は万祥池と呼ばれています。
境内の内堀跡
境内の内堀跡。
現在は万祥池と呼ばれています。

©2017 亀岡市観光協会  ALL RIGHTS RESERVED.